ピロリ菌検査・除菌治療

ピロリ菌について

ピロリ菌
  • ピロリ菌とは人などの胃に生息するらせん型のグラム陰性微好気性細菌です。
    感染したほとんどの人に胃炎がおこり、潰瘍や胃癌を発症することもございます。
  • ピロリ菌は除菌をしない限り、胃の中にすみ続け慢性的炎症が続き、胃の粘膜を防御する力が弱まります。
    その結果、ストレスや塩分の多い食事、発癌物質などの攻撃を受けやすい無防備な状態となります。

ピロリ菌の検査

ピロリ菌の検査には、内視鏡(胃カメラ)検査を伴う方法と、内視鏡検査を伴わない方法があり、それぞれ3つずつ方法がございます。

内視鏡検査を伴う方法

内視鏡で胃の粘膜を少しだけ採取し、下記のいずれかの方法で検査致します。

培養法

胃の粘膜を磨り潰し、発育環境下で5〜7日間程度培養して判定致します。

迅速ウレアーゼ法

ウレアーゼという酵素の働きによって作られるアンモニアの有無を調査します。

組織鏡検法

胃粘膜の組織標本に特殊な染色を施し、顕微鏡でピロリ菌の有無を調査します。

内視鏡検査を伴わない方法

内視鏡検査を行わず、次のいずれかの方法で検査します。

尿素呼気試験

吐き出した息を集めて調べる最も精度の高い方法です。ウレアーゼという酵素の働きによって作られる二酸化炭素の量を調査します。

抗体測定法

ピロリ菌に対する抗体が血液や尿に存在するかを調べる方法です。

糞便中抗原測定法

糞便中にピロリ菌の抗原(細菌毒素や菌体成分)の有無を調査する方法です。

ピロリ菌の除菌治療

ピロリ菌検査費用

検査方法 3割負担 1割負担 自費
迅速ウレアーゼ試験 (内視鏡) ¥1,650 ¥550 ¥5,490
鏡検法 (内視鏡) ¥3,960 ¥1,320 ¥13,200
培養法 (内視鏡) ¥1,920 ¥640 ¥6,400
抗体測定 (採血) ¥750 ¥250 ¥2,490
尿素呼気試験 (呼気検査) ¥1,480 ¥490 ¥4,630
糞便中抗原測定 (便検査) ¥860 ¥290 ¥2,860
診療時間
  日祝
9:00~12:30
14:00~18:00
院長
中村 守
診療科目
内科・内視鏡内科
電話番号
092-718-1251
FAX
092-718-1252
住所
〒810-0064
福岡市中央区地行3丁目27号27番
AP L-tage 地行クリニックビル2階
最寄駅
地下鉄空港線の唐人町駅、西新駅より徒歩10分。
領事館前バス停より徒歩3分
地図
PAGE TOP
PAGE TOP
  1. 092-718-1251
  2. WEB予約